企業情報

健康経営に向けた取り組み

NTT-ATアイピーエスは、社員の健康管理を経営的な視点で捉え、これまで取り組んできた健康保持・増進活動をより前進させ、社員一人ひとりが心身ともに健康に働き続けられる職場環境づくりを目指し、全社員が協力して積極的に取り組みます。

  • NTT-ATアイピーエス株式会社
  • 代表取締役社長

健康経営に向けた主な取り組み内容

  • 40歳以上の社員は全員日帰り半日ドック実施。
  • 配偶者の健康管理を目的とした、配偶者健康診断費用(人間ドック等)の一部費用補助。
  • インフルエンザ集団接種を会社が費用を一部負担し、主要ロケーションにて「勤務扱い」で実施。
  • 社員の疾病等の早期発見、重症化防止を目的とし健康診断で再検査等の判定を受けた社員に対し、 受診する場合は「勤務扱い」での受診が可能。
  • 風しん(感染症)の予防を目的とし、風しんの抗体検査及び予防接種を受ける場合は「勤務扱い」での受診が可能。
  • 社員の疾病予防の観点から、特定保健指導を受けやすくするため、勤務扱いでの面談実施が可能。

健康経営推進体制

健康経営推進体制